Y-Style芳川紙業のこだわり
  • 紙器
  • 段ボール
  • ディスプレイ(POP)
  • オリジナル商品
  • 記事
  • 設備
段ボール
スターエム ドリルスタンド梱包緩衝設計
スターエム ドリルスタンド梱包緩衝設計※写真をクリックすると拡大されます

商品名スターエム ドリルスタンド梱包緩衝設計

サイズ外寸470x215x100h 材質AF K5K5

説明
特殊形状で形状事態もネジを緩めれば本体のバーを倒すこともできます。また、備品パーツの固定には段ボールに切り込みを入れて対応しました。また、少し変更がありゲージの保管ポケットとしてプラスチック容器の固定が追加されました。画像にはありませんが、段ボールに穴をあけて容器を引っ掛ける手法をとりました。

緩衝設計事例
緩衝設計事例※写真をクリックすると拡大されます

商品名個別緩衝仕切りパット

サイズ※ご希望のサイズ、仕様変更可能 材質※ご希望の材質に変更可能

説明
【得意先】
金属加工会社
【依頼内容】
小さな金属部品をお互いに緩衝しないようにしたい。
今までは気泡緩衝材を1個ずつ巻いていたが、作業効率が悪いため、改善したい。
【商品説明】
個別包装は時間と人件費がかかってしまいます。今回は通常の段ボールパットを加工し置くだけで緩衝材となる仕切りパットを作成しました。
商品に合わして形状や仕様、材質など変更も可能です。

大きさと形状が違う内容物の兼用箱
大きさと形状が違う内容物の兼用箱※写真をクリックすると拡大されます

商品名2種検知器の兼用箱

材質AF C5C5

説明
【得意先】
検知器メーカー
【依頼内容】
似たような2種類の検知器を個装するために、2種類のケースが必要でした。できるなら今後は2種を兼用できる個装箱を作成し、在庫管理を軽減したいとの依頼です。
【商品説明】
2種の検知器の違いは ↓△箸皹行と高さはほぼ同じで、,良が△良より大きいのと、△聾緝瑤貌裕物が出ています。,鯑れる際は内フラップはそのままにし、△鯑れる際は内フラップを内側に折り込むことで幅の調整をします。
△慮緝瑤砲△詁裕物は背面の壁に間を開けて逃がしています。

このようにかなり似た製品でも少しの違いでケースが統一できない場合が多く、また1Lotが多いと製品の出方により、過剰在庫になりがちです。2種を兼用することで1Lotの数量が増えて在庫管理しやすく、ロスが少なくなります。

2種兼用組仕切り
2種兼用組仕切り※写真をクリックすると拡大されます

商品名電子機器と基盤の兼用仕切りパット

材質BF C5C5

説明
【得意先】
検知器メーカー
【依頼内容】
電子機器を梱包する際に、互いに接触しないよう仕切りで囲うよう依頼がありました。しかし、年間数量が少なく、さらに在庫スペースの少なさの問題がありました。兼用するにあたり、もう一つの商品は基盤でかなり小さな物のため、仕切り数を増やして欲しいとのご要望でした。
【商品説明】
元々は電子機器を入れる既存のケースと仕切りがあり、ケースはそのままのサイズを使用、電子機器の入数を変えず、基盤はキリの良い数字でマスを作りました。
基盤はトランジスタが剝き出しなので、壁側には空間を開けて作成し、衝撃による破損を防ぐようにしています。
基盤は出荷数量も多く、今まではケース数が多く、専用ケースが必要でしたが、兼用することで、ケース数を減らし、一点一様だったケースをまとめれました。

このように大きさがまるで違う2種の商品ですが、仕切りを調整することで、兼用が可能。しかも在庫スペース確保にもつながります。

ページを戻る 次のページへ